新社会人デビューした時の思い出話

 

東京に実家があったのですが、勤務地は横浜。通えない距離ではないと思い、実家から通勤しようと決めたのですが。

 

いざ入社してみると、何時に帰れるかわからない激務の中、電車のせいにして早くなんて帰れないことがわかり一人暮らしをすることを決意。

 

GWには引っ越していました。

 

そんな私の引っ越し準備は恥ずかしながら全て両親でした…

 

 

私は自分の身の回りの荷物だけまとめるだけで、必要な家具家電は用意してもらったという幸せ者でした。

 

 

その土地は全く知らない土地ではなく、今は家族で東京に住んでいますが以前その地域に住んでいたことがあるところだったので懐かしい気持ちもある一人暮らしでした。

 

一人暮らしで気をつけたこと。

 

鍵は前住んでいた方がスペアを作っていたかわからないので自費で鍵を交換

 

新聞はとらない。

 

ここにこんな女が一人で住んでると知られないため

 

 

たまたま同じ敷地内に大家さんの家があり、そのマンションは女性限定だったので、少し安心はありました。

 

一人暮らしといっても、私がそこに一人で住んでいた期間は4ヶ月でして。すぐに同棲をしてしまって(女性限定マンションだったのに)…その一年後には結婚をして会社を辞めて東京に引っ越していました。

 

 

 

1年ちょっと住んだ家でしたが退去の時は、母がきてキレイに掃除をしてくれたのでお金を請求されることはありませんでした。

 

 

なにからなにまで両親のおかげでした…感謝の言葉は尽きません。

This article was written by 学割.