1人暮らしなら自力で可能です。家電の購入には注意が必要!

 

まず初めての引っ越しは、大学2回生の時です。

 

大学一回生の時は実家から大学まで2時間かけて通っていました。

 

だんだん体力が厳しくなってきたので、一人暮らしすることにしました。

 

親に家賃を払ってもらっていたので、できるだけ安い物件を探しました。

 

6畳ユニットバスで35000円プラス共益費4000円でした。

 

荷物は実家の車で新居まで運びました。自力での作業です。

 

1人分なら案外あっさりできるので、引っ越しの業者を利用しなくても大丈夫でした。

 

 

そして、冷蔵庫はジョーシンで買いました。

 

家まで無料で持ってきてくれて、設置もしてくださいました。

 

 

1番の問題は、洗濯機でした。洗濯機は、ちょっとお高めになりますが、ドラム式洗濯乾燥機がオススメです。

 

 

乾燥までやってくれるわけですから、干す手間が省けるからです。

 

最初の頃は、縦型洗濯機を利用して、干す作業は、自力でしていましたが、これにとられる時間とエネルギーを考えると、ドラム式洗濯機乾燥機を最初から買っておくべきでした。

 

 

今までが洗濯を親がしてくれていたので、気づきませんでしたが、かなりエネルギーをつかいます。

 

 

一人暮らしをしてみて、親のありがたみがわかりました。大学時代の良い経験になりました。

This article was written by 学割.