引っ越しのパーティーに誘われたら服装やマナーで注意する点は?

 

引っ越した家族や友人から新居に呼ばれ、引っ越し用のパーティーに参加することになった場合には、どのような準備をしておくべきなのでしょうか。

 


まずは基本的な身支度ですが、普段のパーティー以上に相手の「新居」に足を運ぶということを意識することが重要です。

 

 

素足で新居に上がることは失礼にあたりますから、靴下やタイツの着用は絶対条件です。

 

髪型としては、髪の毛があちこちに落ちて掃除に余計な手間をかけさせないよう、長髪の方は一ヶ所にまとめて束ねておきましょう。

 

 
服装は、パーティー会場に出掛けるわけではありませんから、スーツやドレスを着込むことはありません。

 

ジーンズやTシャツの着用は避けるべきではありますが、ちょっとした「よそ行き」程度の綺麗な服装を意識しておけば問題ありません。

 

 

また、香水をつけることは避けることがマナーとなります。

 

 

そして出かける際には、何らかの手土産を持参することが最低限のマナーです。

 

食材やお酒などのリクエストがある場合にはそれに応える品を持参すれば良いですし、特に指定が無い場合であれば、当日でも翌日以降でも食べられる日持ちのする食べ物やお菓子を持参するとスマートです。

 
この手土産は「引っ越し祝い」として扱って構いません。相手との関係性が友人や同僚ということであれば、予算は3~5,000円程度を見積もっておけば充分です。

 

 

もちろん、内容として「現金」は適していないため避けましょう。

 

 

参加する際には、開始時刻より前にチャイムを鳴らすということもマナー違反になりますから注意が必要です。

 

 

ホストの方は開始時刻ギリギリまで準備を進めている場合が多いので、敢えて5分ほど遅刻してチャイムを鳴らすことをおすすめします。